ジャニーズのコンサートレポ

2015関ジャニ∞の元気が出るライブの感想

プロフィール

主婦 45歳 関ジャニ∞のファンで、安田章大くんのファンです。

 

 

参加したコンサート

関ジャニ∞の元気が出るライブ
2015年12月17日in東京ドーム

 

参戦レポ

私は東京都に住む45歳の主婦です。
昨年の夏ごろ娘が「お母さん、関ジャニ∞のコンサート行かない?」と誘ってくれました。
娘は大のジャニーズファンで、関ジャニ∞のみならず様々なジャニーズのグループのライブに出掛けています。
私はジャニーズファンではないものの、テレビで関ジャニ∞の番組をよく観ていたので関ジャニ∞のファンになっていました。
「この歳でジャニーズのライブに行くことになるとは!」と思いつつ、12月17日のライブ当日まで楽しみに待つことになりました。

 

「関ジャニ∞の元気がでるCD」をひっさげてのライブとあり、娘に言われて毎日CDを聴いて予習(?)をしていました。

 

さて、ライブ当日は東京ドーム周辺が女性で溢れかえっており驚きました。
ライブ会場に入ると、普段テレビの野球中継で観るドームとは全く違うキラキラした夢空間が広がっていました。
ライブの始まりはCDの冒頭の曲「High-Spirits」のバンド演奏です。
関ジャニ∞はバンド演奏にも定評がありますが、会場のボルテージは一気に盛り上がりました。
驚いたのは、メンバーの村上くんの「男エイター(関ジャニ∞ファンの愛称で渋谷すばるくんが命名)いるか〜!」の声かけに、少なからぬ男性が反応していたことでした。
男性ファンが来場するのはきっと関ジャニ∞ならではの魅力があるからだと思いました。

 

楽曲もさるところながら、メンバー7人の軽妙なトークも楽しみの一つでした。
村上くんはTV番組で司会をしているせいか、やはり場を取りまとめるのが上手でした。
丸山くんのすっとぼけぶり(?)にも笑ってしまいました。
「パリンタン」は全員女装をしての演奏でしたが、これは圧巻でした。
この曲は私の大好きな安田くんが作曲したので特に楽しんで聴きました。

 

メンバーはステージを端から端まで走りながらファンの声援に応えてくれます。
安田くんが近くまで来た時興奮してしまい、開演前に購入した安田くんのジャンボうちわを高く掲げてしまい、娘に注意されました。
後ろの人の迷惑になるので、ジャンボうちわは胸の位置で動かさないとダメだということです。

 

ライブで一番心に響いたのは、渋谷すばるくんの歌声です。
彼はとても歌唱力がありますがやはり生で歌声を聴くと、月並みな表現ですが気持ちを揺さぶられます。
ライブの最後に彼が語った「これが今のぼくらにできる全てです」という言葉も心に残りました。
このライブのために全身全霊を捧げ、ファンに喜んでもらおうというメンバー全員の気持ちを代弁していたのでしょう。

 

本当に「元気が出るライブ」でした。
そして私は安田くんと同じくらい渋谷くんが好きになってしまいました。
そのことを娘に話すと「お母さんヤスのうちわ持ちながら、すばるくんかっこいいとか言ってるし」と言われてしまいました(笑)

 

2016年の今年も関ジャニ∞のライブを東京ドームに聴きに行きます!